フランチャイズとは

フランチャイズの仕組み

有名店の看板を背負ってお店を開ける

フランチャイズというのは、中小企業や個人事業主が、大手の企業やブランドに加盟して事業を営むビジネス形態を指します。加盟することで、大手ブランドの看板を背負って営業することが可能です。主にコンビニや飲食店などで多く見られます。

小売店や飲食店はオリジナルの店舗を出店した場合に、人気が出て売れるとは限りません。知名度が低ければ、閑古鳥が鳴いている状態が続いて、お店の存在が知れ渡る前に潰れてしまう可能性もあります。

しかし、フランチャイズなら大手の看板を掲げることができるため、最初からたくさんの人がお店に足を運んでくれるのです。知名度信用の面で大きなアドバンテージになります。

そして、販売されている商品や提供されているサービスなどは、基本的にフランチャイズでも直営店でも同じです。制服なども同じものを着用します。そのため一般の利用客から見た場合には、フランチャイズの店舗だということは、分からないでしょう。

フランチャイズの店舗はあくまで独立している

フランチャイズにおいて、本部側のことをフランチャイザーと呼び、加盟店側のことをフランチャイジーと呼びます。利用側に対して直営店と同じサービスを提供できるように、フランチャイザーがフランチャイジーに対して研修などを行うことも多いです。ノウハウの提供などもよく行っています。一見すると、上司と部下のような関係に見えるでしょう。

しかし、加盟店はあくまで独立しています。そのため、フランチャイズ契約に基づいて、指導などを行うことはありますが、上司が部下に対して行うような指揮命令は行いません。

また、店舗のランニングコストや従業員の給料などは、加盟店側が負担しなければなりません。その一方で、どこにお金を費やすかは自由に決められます。従業員を何人雇うか、給料はどのくらいにするかなども加盟店オーナーの自由です。

ただし、店舗の営業時間や内装などに関しては、自由に決められない点もあります。例えば、コンビニの場合には、基本的に24時間営業にしなければなりません。