教育システム

少人数・学力別クラス編成で、能率的な知識の体系化を目指す

「受験勉強」における生徒の最大の負担は、非常に「大量」の知識を「長期間」に渡って記憶しておかなければならない点にあります。生徒の負担をできる限り軽減するために、記憶を効果的にサポートすることは「授業」の重要な機能であると言えます。
ECCスタディアでは全ての講義で、人の記憶の特性に有効な「知識の体系化」「有意味化」を実践しています。

 

「体系化」とは

新たに得た情報は「既存の知識網」に統合することで、深く記憶されます。また、全体の構造を把握した上で、部分の知識を取り入れるようにすると、効果的に理解することができます。
「授業」では既習分野との関連性はもちろん、未習分野についても、単元を超えた各学習項目の関連性や、教科内・単元内におけるその学習項目の意味や位置付けについて、必ず生徒に把握させるよう意図しています。

 

「有意味化」の重要性

意味を伴った学習は印象が強まると同時に、他の概念との関連性への理解も深まります。
数学の公式や解法、英語の構文等の重要事項は「これは重要だから覚えよう」と機械的に覚えさせるのではなく、まずその意味や大切さを充分に理解させることからはじめます。